不動産などの査定で役立つ仲介会社

不動産売買の仲介会社の業務(査定・調査・契約)

不動産などの査定で役立つ仲介会社 仲介会社の主な仕事は、売主様の不動産を買主様にお売りする手伝いをすることです。不動産売買の流れを、説明したいと思います。まずは売主様の不動産の査定を行い、不動産の販売価格を決定します。近隣地域の相場はある程度決まっているので、個別要因(築年数・駅までの距離・生活環境)によって、他の物件との差別化を図ります。
不動産の販売価格が決定したら、販売活動を始めます。昨今は、インターネットでの販売が一番効率が良いので、どの仲介会社もインターネットでの販売に力を入れております。比較する不動産が誰でも簡単に閲覧できるので、不動産の査定を間違えると、反響がまったくなかったり、逆に反響がもの凄くあったりします。不動産の価格は決して安くないので、物件の査定は慎重に行わなければなりません。
買主様が決まると、いよいよ契約をします。契約書の読み合わせの前には必ず「重要事項説明書」(以下、重説という)と、言うものを作成します。重説とは、対象不動産の詳細について記載してあります。大抵の方は、内容を理解しないまま記名・押印していますが、私たち仲介会社にとっては一番重要な書類と言っても過言ではありません。重説にミスがあると、私ども仲介会社は最悪の場合、宅建業の免許が無くなってしますのです。最近では、悪徳業者も少なくなっていると聞きますが、以外にも重説のミスは多く存在していますので、最低限の知識を持って契約に挑んだほうが良いと思います。重説の読み合わせが終わるといよいよ契約になります。契約書には、売買代金や支払い条件などが記載されています。違約があった場合などの違約金額も記載されていますので、十分に注意してください。契約が終わると、手付金の支払いが行われます。通常の場合は、売買代金の1割金を支払いますが、特に決まりは無く交渉次第では、少ない金額で応じてくれることがありますので、契約の前にしっかりと仲介会社などに相談すると良いでしょう。決済の前には、物件引渡し前の現地立会いが行われます。このときは、売主様より傷、不具合などの説明がありますので、デジタルカメラなどを持参して細かく記録を残してください。見落としなどがある場合、重要な部分の瑕疵で無い限り保証してもらえない場合がございます。問題が無ければ、決済をして物件を引き渡してもらえば、無事終了となります。

オススメサイト

Copyright (C)2022不動産などの査定で役立つ仲介会社.All rights reserved.