不動産などの査定で役立つ仲介会社

査定で出会う仲介会社の営業担当の見極め

不動産などの査定で役立つ仲介会社 私の友人は、こちらの引き渡せる時期などを仲介会社の担当者に告げずに、売却の広告を出してもらったために、買いたいという人が現れたのですが、結局、条件が合わずに話がまとまらず、随分と長く売れませんでした。その後、売れたものの、一番買いたかった物件の購入はできませんでした。本来なら査定にきた時に、担当者が売却理由をしっかりと聴き、転居の可能な時期や売却希望額であるとかローンの残債はどうなのかなどの、こちらの状況について、親身に聞くのが当たり前なのですが、そのことをしなかった杜撰な担当者に当たったせいなのです。
査定の依頼から本契約に至るまでの間に、何度もメールや電話、あるいは出会ってやりとりをし、その時の対応が定年で親身になった物であるというのは、仲介会社の基本です。でなければ、買い換えなどの場合は、とんでもないことになってしまうこともあるのです。仲介会社そのものも大切ですが、その会社が社員に対しどのような教育をしているかと言うことはもっと大切です。査定でやってきた営業担当者をしっかりと見極めることは、その後の不動産売却の運命を左右すると言っても大げさではありません。特に訪問査定では、収納やいろんな箇所の傷み具合なども含めて、全てがチェックされますから、リフォームやハウスクリーニングなどの必要性などのアドバイスや見積もりもきちんと出してくれるような、先々まで見通しのある検討をしてくれるところは、非常に頼りになると思います。

オススメサイト

Copyright (C)2022不動産などの査定で役立つ仲介会社.All rights reserved.